1月20、21日、スロベニアのログラでパラレルジャイアントスラロームのFISワールドカップが2連戦で開催されました。


1月20、21日、スロベニアのログラでパラレルジャイアントスラロームのFISワールドカップが2連戦で開催されました。
初日のレースで決勝に進出したのは竹内選手で結果14位、2日目は斯波正樹、竹内智香、佐藤江峰の3選手が決勝に残り、それぞれ13位、14位、16位となりました。
斯波正樹選手の決勝一回戦は僅か0.02秒差での敗退。惜しいレースですがそれがタイムの勝負。
しかし着実に世界で戦えるレベルにあります。チームとして育ってきた日本アルペンスノーボードチームの今後にご注目ください!

FIS Snowboard World Cup - Rogla SLO - PGS

FIS Snowboard World Cup - Rogla SLO - PGS

FIS Snowboard World Cup - Rogla SLO - PGS