イタリアのコルティナダンペッツォでPGSパラレルジャイアントスラロームのワールドカップが開催されました。


12月15日、イタリアのコルティナダンペッツォでPGSパラレルジャイアントスラロームのワールドカップが開催されました。
日本からは、竹内智香選手、家根谷依里選手、佐藤江峰選手、神野愼之助選手が出場し、佐藤選手と神野選手が16名による決勝進出となりました。
残念ながら両選手とも一回戦突破とならず、最終順位を佐藤選手は13位、神野選手は10位としました。
しかし佐藤選手は自身ワールドカップ初の決勝進出、神野選手は予選を5位で通過と、日本チームの若手として健闘を見せています!

FIS Snowboard World Cup - Cortina d'Ampezzo ITA - PGS
佐藤江峰選手

FIS Snowboard World Cup - Cortina d'Ampezzo ITA - PGS
神野愼之助選手