2017世界選手権パラレル大回転(シェラネバダ/スペイン)


3/16にパラレルジャイアントスラロームの決勝が行われ、
竹内智香選手が10位、神野愼之助選手が11位となりました。
竹内選手はメダルが期待されていましたが実力発揮ができず残念でした。
本番の2018年平昌オリンピックに向けて万全の体制で行きます!
神野選手はワールドカップを通じても自身最高位の11位でした。
今後の伸びに期待大です!
DSC09425 (1280x960)

Sierra Nevada 2017 FIS WCS - PGS